Daily Archives for 火曜日, 7月 2024

畑や家庭菜園でのミミズの役割とは?

出典:となりのカインズさん

 

ミミズの生態

 ミミズには手や脚がありません。それどころか目(退化して視力はないが目の跡と思われる部位はある)・鼻・耳もなく、あるのは口とお尻と内臓だけです。

 体はいくつもの節が連なった構造で、伸びたり縮んだりしながら土の中を移動します。この移動方法を「蠕動(ぜんどう)運動」といい、土の中を移動するにはとても効率が良いです。

 ミミズの好物は落ち葉や堆肥などの植物性の有機物ですが、昆虫のフンや死骸など自然界にあるものは何でも食べて分解してしまいます。

 また、繁殖方法も独特で、1匹のミミズがオスとメスの両方の器官を持っている「雌雄(しゆう)同体」という体のつくりをしています。2匹のミミズがいればどちらも卵を産むことができるというワケです。

ミミズの種類
フトミミズ

 実はミミズは何種類存在するのか分かっておらず、日本国内には約200〜300種、世界では3000種程度が存在するのではないかという専門家もいます。

 その中でも日本にもっとも多く生息しているのは「フトミミズ」です。フトミミズは全長10cm前後、太めの体で土の中に巣穴を作って暮らしています。畑や家庭菜園で見られるのは、ほとんどがフトミミズです。

 春になると卵からかえり、夏に卵を産み、秋頃に寿命を迎えます。繁殖力は比較的弱く、1つの卵胞から1匹〜2匹生まれ、一生で産む卵の数は数十個ほどです。

シマミミズ(ツリミミズ)

 シマミミズは全長10cm未満のものが多く、フトミミズより細く、体のシマ模様と、フトミミズと比べると少し赤み掛かった色が特徴です。巣穴を作ることはなく、地表付近で未熟な有機物を食べて暮らしています。

 腐った食べ物や生ごみも好んで食べるため、コンポストに入れて分解を促す「ミミズコンポスト」でも活躍しています。

 シマミミズはフトミミズよりも繁殖力が強く、越冬も可能で寿命は3年ほどです。
続きを読む »

モモ➁接ぎ木